HOME私の日記帳撮影記録掲示板リンクメール


2013年2月6代目のキャンピングカーが納車になりました。今度のクルマはトヨタ車でレジアスエースという名前です。世間的にはハイエースという方がなじみがあると思いますが、名前が違うだけで同じクルマです。車種構成が多いクルマですが私の用途では、ハイルーフであること四輪駆動であることが必須条件です。


納車されてから間もない頃の姿です。といってもカスタム化したり飾り立てたりする趣味も金もないので、今でもこのままの姿です。どこかで見かけたら声をかけてください。


レジアスエース(ハイエース)は2014年に一部の外観や装備を追加変更しましたが、基本的なところは変わっていません。私のクルマは3000㏄のディーゼルターボです。このエンジンはいい感じです。街中を低速で走っていても高速を制限速度で走っていてもトルクがたっぷりで余裕綽々です。
ハイルーフ仕様なのでちょっと見には大きく見えるようですが、幅と長さは小型車の制限に適合していますので、取り回しも楽なものだし狭い山坂道でもすれ違いに気を使わなければならない頻度が少なくなりました。


ノーマル状態の運転席から見た感じです。必要なものはあるけど飾りっ気はかけらもない、機能性本位です。多少の遊び心があってもいいかなぁ?かといって大金を使うことはできないし、もともとそういう考えはないので、ネット通販で物色してみました。
あるもんだわ。勿論、中国製なので品質に不満な点はいくつもあるけどとにかく安いんだから仕方ないでしょう。



パネルは200系3型に合っているはずでしたが、なぜかエアコンの調整ダイヤルの周りは適合するものがありません。クレームをつけたらどうにかなるのかもしれないけど、面倒なのでそのままに。
パネル自体は両面テープで貼っていくだけですが、これがまたすぐに剥がれちゃう!さすが中国製。国産では考えられないお粗末さではありますが、何しろ値段が値段なので変に納得させられてしまうってことです。



キャビン後部の様子を運転席側から見たものです。この状態で走行します。右側の長椅子の背もたれをはずして間に入れれば前面が平面になることが良く分かると思います。今は外していますが、床の真ん中の黒い丸に丸柱をねじ込んで天板をつければテーブルになります。
当然ですが、長椅子の下は収納スペースになっていて収納量は十分確保されています。ただいすの下は物を出したり入れたりするのに不便なので食器などの収納のためにオプションでレンジ台の上に収納庫をつけてもらいました。これは大正解だったようです。初期設定のカセットコンロはコンパクトさが取り柄のようですがヒートパネルがついていないタイプなので、寒冷地では使い物になりません。



左右の長椅子の下です。上の写真が左側です。左側にはサブバッテリーが2個とFFヒーターが設置されています。下の写真は右側のいすの下でこちらはタイヤハウスの出っ張り以外に邪魔物はありません。


スライドドアーから見た図です。私のレジアスは4ドア仕様なので、スライドドアーは助手席側にしかありません。運転席の後ろにレンジ台とシンクがセットされています。シンクの下は20リットル程度の清水と排水のタンクがあります。下段の右側は冷蔵庫です。



キャンピングカーらしい装備としては、FFヒーターとレンジセットに冷蔵庫ぐらいしかありません。このクルマでも後部のベッド部分を2段にしたりすれば、大人2人と子供2人ぐらいの就寝スペースは作れるでしょうが、そんなことをしたらベッド展開が手間どるし走るためには外したパーツをきちんと収納しなければならないでしょう。私の場合は1人が仮眠できれば十分だし、夜明け前に起き出してすぐに走ったりすることがよくあるので、そんな手間暇をかけるわけにはいかないのです。


私が強く希望したのは車内で立ち上がるだけの高さの確保です。現在の法令の規制ではキャンピングカーとして登録するためには160cmをレンジの前で確保することが求められているようです。レジアスエースのハイルーフだとちょっと足りないのでその部分だけ天井をほんの2、3センチ削っています。でも、車内全体で少しかがめば立って歩けるのはとても使い勝手がよいのです。ちょっとコーヒーを入れるとかオーバーパンツをはいたりする時にそのありがたさが実感できます。


   

長い間トラキャンといわれるキャンピングカーに乗ってきましたが、このレジアスエースはかなり気に入っています。昔はバンコンと言われていたクルマの仲間です。確かに乗り味は商用車そのもので、乗用車のような乗り心地を期待する向きにはとてもお勧めできませんが私の今の使用目的にはドンピタなのです。乗り心地だってそんなにひどい物だとは感じません。ミスティックさんがショックを換えてくれているからかもしれません。これからも長く愛用していくつもりです。ひょっとすると人生で最後のクルマになるかなとも思っています。そうなっても後悔はしないでしょう。それほど気に入っています。


   

   

以前乗っていたキャンピングカーの想い出はこちらです


   

 

【ページトップへ】