HOME私の日記帳撮影記録掲示板リンクメール

 まぁ毎年のように通っている場所ですけど、今年も行っちゃいました。本職の造園師が手入れされているので実に整然としていますよ。
 一言でツツジと言ってしまっているけど本当はたくさんの種類があるんでしょうねぇ。それぞれに開花時期が微妙に違うってことがよくわかりますよ。
 毎年同じような撮影ばかりじゃちょっとね。ということで今年は今までとは違う撮り方をしてみました。
 ここでは広角レンズを使うのが当然のことのように思っていましたが、望遠レンズも使ってみなきゃね。一応、持っているんだからさ。
 でも広角レンズの方が良いと思います。
 去年から気に入っている竹を撮りにクルマを止めました。私が三脚を立ててフレーミングを考えているとどういうわけか他のカメラマンが寄ってくるんだよね。撮影場所は自分で探しましょ。
 撮影場所は自分で探せって偉そうなことを言ってるけど、ここは先輩から教えてもらったんです。早起きして出てきたけどこの1枚だけ撮ったら雲に覆われてしまいました。
 富士五湖方面の桜も満開ということだったけど混雑しているだろうし、似たような写真ばかり撮ってもどうかなぁって……。
今日はヤマザクラにしようっと。そもそもソメイヨシノって江戸時代に作られた品種なんだそうで日本古来のお花見はヤマザクラって話もあるしね。
 こちらはヤマザクラではなくその近くにひっそりとたたずんでいた樹です。多分桜の一種だろうけど名前は知りません。帰宅してから現像してみたらヤマザクラの写真よりこっちの方が良かったかも。
 足柄峠はヤマザクラがたくさんあって選り取り見取りとも言えるけど、富士山とのバランスなどを考え合わせると帯に短したすきに長しともいえるかも。この樹はちょっと難しかったので数枚撮って早々に退散しました。
 ぽつんと一人で立っていたのはモクレンか。みんな素通りしちゃうけどなかなか良い雰囲気じゃないの。来年はもう少しいっぱい花を咲かせてよ。                                  
 この樹は過去にも撮ったことがあるけど、撮影順路として最後なので一応撮っておきましょう。
 まぁ見事に咲き誇っていること。ソメイヨシノのピンクは最高だけどヤマザクラの白と葉っぱの対比も渋いねぇ。
 モデルの樹との距離関係からどうしても望遠レンズで写すってことになりがちです。標準かちょっと広角気味のレンズで富士山の上に桜の枝がくるような撮り方もできるけど、この樹は全体像が取り柄なのでこんな感じでいかがでしょうか。
 みんなが撮り終わったと聞いて出かけました。毎年の恒例なので1枚だけです。
 みんなは昨日撮ったんだった。昨日の方がお天気は良かったようで、まぁいいか。
 有名どころの河津桜だけど、日没までの暇つぶし。到着したのが15時過ぎなのでいくらなんでも遅いって。
 西伊豆に着いたのは真夜中。満月だったのでちょっと記念撮影してみました。
 記念撮影だけじゃもったいないのでインターバル撮影してみました。
 こちらの河津桜が満開です。
 地元の撮影地では桜と富士山の間が街並みになるけど、ここでは海が見えていいなぁ。せっかくの海を隠しちゃダメでしょ。
 全体的にはこんな感じで「もぉ最高!」
 条件が良ければ私でも撮れます。
 なんじゃこりゃ。とか言いながら結構一生懸命写しましたよ。
 梅の巨木もありました。これはパノラマ撮影です。
 普通に写すとこんな感じです。
 あとはノーコメントっていうか、もう云うことがなくなっちゃいました。
 撮影日は違うけど場所は同じです。今度はモクレン
 これは花桃の一種らしいけど赤が鮮烈でした。
 富士山写真のベテランさんには笑われちゃいますね。
 はてさてこういう組み合わせっていいのかなぁ。
 冬とか雪がつきものの富士山とフェニックスとはどうでしょうか?
 梅の名所といえば何か所もあるけど、ここは名所ではない無名の樹です。
 有名じゃないけど素晴らしい巨木です。
 地元近くで毎年のように通っている撮影地です。今年は出遅れ気味ですが…。
 こういう撮影場所では周辺の状況が変わるので撮れるうちに撮っておかなきゃね。
 ちょっと春霞がかかってくれました。秋の紅葉は抜けるような紺碧の空が似合いますが桜や梅にはこういう空の方がいいかもしれません。
 一応ち~さぁ~く富士山も写し込んではあるけど分かりにくいですよね。まぁ、細かいことは気にしないでのんきにいきましょ。
 この樹は大好きな樹なんでついつい撮影してしまいます。富士山をもっと大きく写せって声は聞こえないふりして。桜をド~ンとね。
 この角度だと富士山は見えませんけど、里山の春ってことで許してくださいね。
 2月は寒い日が多かったですねぇ。真冬なので当たり前ではあるけど、寒さが骨に染みる年頃になってしまったと実感させられちゃったです。日中は日差しを感じられても日没を過ぎるとどんどん冷え込んできます。サッサと帰る人たちのクルマの流れを山の上で身動きしないで見ているなんて、どうなの?
 やっぱりお天道様はありがたいです。青い空に白い富士山が一番いいねぇ。この枝は今年で剪定されちゃうそうですよ。確かに道路上にせり出してはいるけどそれがまた絶好のポジションなんだって、自分の土地じゃあないから文句も言えません。地主さんとは勤務先が同じだった縁でとても親切にしていただきました。
 去年はあまり花を付けてくれなかったけど今年は絶好調です。
 この場所は何度も撮ってみたけど日没の頃だと富士山がシルエットになってしまうので、夜明け前がいいと思います。夜明け前は走るクルマが少ないというのが問題だけど。それとやっぱり寒いんだわ。
 天下の大動脈「東名高速」。新東名が延伸したらどうゆう風に変わるのか分かりませんが、大動脈であることは不変でしょう。
1月16日(火)
 韮崎に所用あり帰りがけに甲府盆地を望む高台に寄りました。お昼過ぎについてしまったので日没までの数時間が暇だった。
 やっと日が傾いてフォトジェニックな時間帯になってきましたよ。甲府は盆地なのでちょっと離れたところからならどこでも夜景を眺められます。私の場合は欲張って富士山が見える場所を選びますが…。
 今日は少し空が色がついてくれそうな気配です。こりゃあ精進湖か本栖湖に寄った方が良かったかなぁって思いました。でも、夜景を撮りに来たんだからと自分に言い聞かせて我慢です。
 ここでは富士山の稜線は見えないのでこんなもんです。
 甲府盆地の夜景と薄っすら色が残っている空の組み合わせ。
 1月13日(土)
 世界文化遺産だったよね、たしか。自然遺産なら価値は高いけど文化遺産というのには同意できませんわ。文化遺産なら人工物があってもいいはずなのにフレーミングで見えないように工夫しているってどうなのかね。
 文句言わないで楽しみましょう。かの有名な「三保の松原」です。朝日に照らされて少し赤くなった松の幹が存在感あります。
 風雪という言葉を思わされる曲がったまま力強く伸びている樹。
 三保の松原から河口湖への道すがら竹の撮影地に寄り道です。
 次の寄り道は西湖。もろ人の手で作った氷のオブジェクト。富士山に日が当たるまで待っていられないのでこれでおしまい。
 これ以上広く写すと色んなものが見えちゃうので。
 河口湖の冬花火。人工的といえばその通り。人工のきょくちです。でも、花火ってなぜか綺麗です。
 その昔フィルムカメラで苦労していたのがウソみたい。
 1月11日(木)
 
この季節の定番「湘南海岸」にきました。今回は夜明け前から待機してみました。
 空がピンク色になってきましたよ。思惑通り波飛沫も上がり始め忙しくなります。
 波の撮影ではどうしても無駄うちが多くなってしまいます。
 高く上がる波飛沫は大歓迎なんだけど富士山を隠さないでよってわがままを言いながら写しました。
 ちょっと風変わりな岩があると教えていただきました。
 日の出の頃には赤く照らされたりするのかもしれません。もっと粘れば下の方まで光が回ってくるでしょうけど、元々せっかちなうえに年のせいで根気が無くなってしまってるので。
 さっさと帰るつもりがクルマの窓から波を見たら寄り道したくなっちゃった。定番中の定番「秋谷の立石」に立ち寄ってみました。
 ここでもまだ波が勢いよく打ち寄せています。カメラマンに人気がある松の木まで入れると波の勢いが分かりにくくなっちゃうので少しアップ気味にしてみました。
 ちょっと盛りを過ぎてしまっているけど画面に彩を加えてくれるアロエがありました。
 岩と波で今日はおしまいにしましょ。
 1月3日15:30頃
 神奈川県横須賀市長井

 まだ三が日です。年末年始には撮影の好機があったようで写友からの連絡に残念な思いで家の用事をしていました。3日の午前中からやっと自由に動けるようになったので、とりあえず近場にやってきました。本当は夜明け前に来るべきなんですが、お昼過ぎの到着で日没までの予定です。
 太陽が水平線に近づいてくると海や波の色が変化し始めます。この素晴らしい時間帯は短いのが玉に瑕で、短時間にどれだけ良い感じの波が打ち寄せてくれるかが分かれ目です。
 今日の天気予報では北風が強いって言ってました。天気予報が当てにならないのは今年も変わらないようで、そんなに強い風は吹いてくれないようです。立っていられないぐらいの風だって言っていたけど、大したことはないねぇ。
 新年早々文句ばっかり言ってられないので、波が来るたび一生懸命写しましょう。
 同じような写真が続いてしまいますがもう少しお付き合いください。
 今が一番良い時間なんだけど、そういう時には大きな波が来てくれないんだわ。
 ここら辺が最後の瞬間でした。この後はあっという間に暗くなってしまうので波飛沫の撮影は難しいです。それでも今日は波に良い色がついてくれた方だと思います。富士山も最後までお付き合いしてくれたし。
 日没してから少しすると上空から濃い群青色が下がってきます。マジックアワーとか呼ばれている時間帯で綺麗な状態です。さっきまでアップで写していた波飛沫もかすかに見えているようです。
 最後にちょっと工夫して写してみました。

 

【ページトップへ】